2011年01月26日

第4作 やっと・・・

ず〜〜っと仕上げが済んでなかった第4作目をとりあえず完成 としました。

これは第3作のテストピースを彫りすすめて彫り埋めにしたものです。

彫り埋めは2回目となります。

s_dai4saku.jpg

第4作 水兼成書 シャム黄楊 彫埋


全体写真はちょっとだけ綺麗に見えます・・・

でもよく見るとやはり仕上げ磨きが甘いところがあります。

これはずっと自分の課題となっています。

サビの状態ですがかなりよかったと思うのですが

何箇所か「す」ができていました。

たとえば下のように・・・

s_4saku%20gin%20kizu2.jpg

s_4saku%20kei%20kizu2.jpg


他にも線が細くなっているところもありますし、ガクガク線もありますね。

前回の彫り埋めよりは少しは前進していると思いますが

当然 課題の方が多いので、それを踏まえてこれからに生かしたいと思います。

この第4作は仕上げも甘いですしスもあるしで

自分用にするか友人にプレゼント(マタマタ押しつけ?w)しようかと思います。



第5作の進捗ですが、2回目のサビ入れが終わりました。硬化したら

仮研ぎ出しをする予定です。その後いったんムロに戻し一晩寝かせて、その後本研ぎ出しに移ります。
posted by 慎秀 at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4作目いいですねー!!

5作目の話はブログ上で拝見していたのですが、4作目のことがあまり話題にならないなぁと思っていたのですが、素敵な駒になりましたね!!

自分も彫り埋の”す”は丁度気になっているところではあるのですが(笑)

遠めにすごく良くみえます!!


自分は作ったことがない書体なのですが、いいカンジですね。

彫る際に特にご苦労された部分などはありますか?
Posted by ハム柳 at 2011年01月26日 21:06
ハム柳師へ
コメントありがとうございます。

どうしても若干のスが毎回出来るような気がします。いろいろと原因はありそうなのですが。。。
サビはもっと勉強が必要ですね。

書体に関しては第3作目についての記事でも書いたのですが、由進師のものを使わせていただきました。普及している「水無瀬兼成書」というのは兼成の晩年の書だと聞いています。

あくまで私の好みの問題ですが、その書体はもったりした感がありあまり好きではありませんでした。由進師の兼成書は兼成の最盛期に製作された駒字を元に字母を起こしているとのことです。
私の好きな書体のひとつです。

彫りに関してですが、第3作の後に彫り進めたので けっこう安心しながら彫れました。ただ そもそも未熟なので,線がぶれているところがかなりあります。基本的な技術をもっと身につけないといけませんね・・・
Posted by 慎秀 at 2011年01月26日 21:41
4作でこれほどの彫をされるとは驚きです。
見事ですね。錆漆は研ぎ出しの際に欠けてるのではないでしょうかね。私は仮研ぎも本研ぎも1000番の砥石で水研ぎです。1000番の研ぎは時間が掛かりますが錆漆への負担は少ないのです。

Posted by 由進 at 2011年01月27日 10:21
由進師へ

コメントありがとうございます。
写真では醜い部分がまったくわからなくなっているようで・・・^^;

サビはやはり研ぎ出しの際に欠けているのでしょうか・・・ 他にも問題があるかもしれませんが、やはり研ぎ出しから仕上げ磨きにいたる過程でもろい部分が欠けているのかもしれませんね。
ご指摘に感謝します。

第5作の研ぎ出しは気をつけてやってみたいと思います。
Posted by 慎秀 at 2011年01月27日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182588966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。